薄毛の治療

医者

治療をうけるときの注意点

病院でAGA治療を受けるにあたって、治療期間中に気をつけたいことがいくつかあります。病院でAGA用の内服薬を処方された場合、毎日継続して服用することが大事です。AGA治療薬を飲んだからすぐに髪の毛が増えるわけではなく、はっきり目に見えて効果がわかるようになるまで半年はかかります。基本的にAGA治療薬は1日一錠なので、きのう飲み忘れたからとって今日2錠飲むのはNGです。また、内服薬を飲んで体調に異変を感じたら、とりあえず服用をやめて病院の医師に相談をすることが大切です。人によっては肝機能に負担がかかり、何らかの副作用がでる場合もあります。医師の指示にしたがって服用をすれば安全に飲むことができます。

原因と病名がわかる

薄毛なら誰でもAGAとは限らず、他の脱毛症の可能性もあります。また、AGAというと男性ホルモンが原因と決め付けている人もいますが、実際はそれ以外の原因でもなります。抜け毛が増え始めて頭皮に危険を感じたら、有効な対策をするためにもとりあえず原因を探すことが大切です。その辺は病院に行けばクリアできます。頭皮外来を受診すれば、薄毛の原因と病名がはっきりします。そして医師が患者の病状にあった経口薬や外用薬などを組み合わせて治療にあたってくれます。病院に行くたびに頭皮の写真撮影があり、目に見えて地肌が目立たなくなっているのを実感できます。そうすると治療をするのが楽しくなってきて、モチベーションがアップします。